2005年04月16日

2005年バーゼルコルム編

この時期になりますと各お取引様から新商品の案内が入ってきます。
毎年のことながら営業さんが来るたびにこちらも「なんか情報はいりました?」とワクワクする時期ですね。
コルムのバブルって時計がありまして、毎年限定ですごい個性的な文字盤を発表するんです。
今年の新作は海賊?きっとまたすぐに完売しちゃうんだろうなぁ
コルムといえば毎年トゥールビヨンも発表しているのですが、バーゼル会場で完売してしまうそうです・・お金持ちっているんだなぁとこういう話を聞くたびに思います。
みなさんはお金があるからってコルムのトゥールビヨン買いますか?
それなら違うブランドのを買いますよね、それを買っちゃえる人が世界ではいるんです。
そんな方々と是非お友達になりたい物ですね。
posted by JUN at 23:13| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パテックフィリップ

時計界の最高峰と呼ばれるパテックフイリップ。
何がすごいの?
一言で言えばこだわりがまったく違います。
皆様、たとえば今目の前にステンレスの棒が一本あります。
いくら時間をかけてもいいから、好きなように磨いてくださいといわれたとしますよね、通常一般的にここまででいいでしょって思うところでやめますよね!
しかしながらここからがパテックフィリップなんですね、通常ここまでと思うところから更に磨きをかける。
機械が優れているとかではないのです・・
仕上げのコストがパテックをパテックにっしているんですね。
比べれば一目瞭然ですけどね!
posted by JUN at 00:53| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

ヴィンテージウオッチ

検索するときにヴィンテージウオッチで検索してくださいね。
ヴィンテージウォッチじゃ出てきませんよ。^^
リストマニアも作ってますからコメント読んでみてくださいね。
luc196で作ってます。時計でAmazon検索してみてください。
在庫切れになる前に買ってみてください。損はきっとないですよ^^
posted by JUN at 23:37| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お勧めの時計本

時計販売に携わっていると切っても切れないのが出版関係。
いわゆる雑誌ですがこの中でも私ランクをつけてまして今回はヴィンテージウォッチという雑誌を紹介いたします。
時計愛好家はもうお持ちの方も多いと思われますが、まだお持ちでない方は今ならまだアマゾンで購入可能ですので是非読んでみてくださいね。
といいますのもこの雑誌、あまりに編集者の好き嫌い(いいたい放題?)がでてまして、VOL8で絶版になってしまったというマーケティング中心の出版社の中でも、非常に異端な一冊でした。
内容はといいますと、機械式時計のなぜこの機械(キャリパー)が優れているのかを非常に解りやすく説明してくれていたり、いろんな方のインタビューがあったりとまあ説明も大変なのでとりあえず書店で見つけるなりアマゾンで購入するなりしてくださいね。
posted by JUN at 21:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

パテックフィリップ・アクアノート

P1010029.JPG

いきなりの一回目がパテックってどうなの?という感じですが、夏に向かってブレスの時計を一本という事で、パテックフィリップのアクアノートをご紹介いたします。
なんといっても私のHPのアドレスもpatekということでかなりのパテック好きでございまので、第一回はパテの中でも比較的手が届きやすいアクアノートを紹介いたします。
私のアクアは5066/1Aという自動巻きのCal330を搭載した世に言うミディアムサイズです。最近のデカ時計ブームからは離れ(アクアは5065という大きいサイズもありますね)比較的小振りでスーツにつけても違和感のない素敵な時計だと自負しております。
パテのステンレスは5年以上寝かすとか、最高級のステンレスを使用するなど色々な逸話がございますが、実際は私にもわかりません。確かに寝かせば寝かすほど反り等は起こりにくいようですが、使用してみてもその実感はあまり?な感じです。まあフィット感は良いですし、見た目にもきれいなので私は大変気にっています。
そもそもなんでこの時計を選んだのかといいますと、スーツにも普段着にもつけれる高級時計が欲しかったのです。私はお金持ちではないので、少ない給料から少しずつ貯めてやっとの想いで購入に至ったので、今でも結構使っております。
使用していて思うのは、やはりグラスバックから見えるCal330ですね。
私も色々な時計を見てきておりますが、仕上げに関してはまさに神業としかいいようがありません。ため息が出る仕上げとはこの事なんだなと思いますし、ほかのブランドさんでもそうそうはここまでの仕上げをしてません。ジュネーブシールの仕上げは伊達じゃありませんね^^
水に強く・機械も綺麗でいうことないアクアですが、いくつか苦言を申しますとデザインがちょっと・・というのとO.Hが7万円・・精度は普通だよね・・メタルブレスのコマが大きくてフィットしない(半コマがあるらしいですが2万円ですって・・)というところでしょうか。
これから購入する方はこの3つを覚えておくといいですよ。
1 精度を求めちゃいけません。
2 磁気を帯びやすいので気をつけて。
3 パテのステンレスは柔らかいみたいで傷つきやすい。
オーナーの方やこれから購入する方・興味がある方是非メールくださいね。
パテックについて語りましょう!
posted by JUN at 17:46| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。